LINE副業 は全て怪しいのか?衝撃的実態を分かりやすく解説!

LINE副業 解説

こんにちは、高卒元OLのスーパーニート・あるみです☆

今回は、当ブログで検証してきた「 LINE副業 の実態」についてを、分かりやすく解説していこうと思います。

 

ここでいうLINE副業」とは、SNSアプリ「LINE」を通してやりとりをしながら実践していくネット副業のことです。

ネット副業は、今では、メール通話チャットコミュニティーのみならず、SNSも有効活用されています。

SNS(ツイッター・Facebook・インスタグラム)やセールスページなどで集客し、そこからLINEアカウントヘ誘導するという手法が大半を占めているようです。

果たして、LINE副業は、全て詐欺で怪しいのでしょうか?

 

☆このような方にオススメの記事です☆

  • ネットビジネスや副業で稼ぎたい方
  • LINE副業の実態を知りたい方
  • 詐欺被害に遭いたくない方

 

☆執筆者のあるみはこんな人物です☆

  • 高卒元OLのスーパーニート
  • うつ病になりOLを挫折
  • 怪しい儲け話に騙され50万円損失
  • 安定的に稼げるネット副業挑戦中
  • 働かずとも丸儲けな人生を模索中

 

それでは、行ってみましょう☆

 

 

販売会社の共通点

 

当ブログで検証してきた「 LINE副業 」の販売会社には、以下のような共通点があります。

  • 所在地がレンタルオフィスor海外
  • 運営実態と事業実績が不明
  • 他社の電話番号を無断使用
  • 電話番号がIPorケータイ(正しくは市外局番から始まる固定の番号
  • メールアドレスがヤフーorGmail(正しくは独自ドメインのアドレス

 

以上の条件に当てはまる会社が、全て「怪しい」「実在しない架空の会社」だとまでは断言できません。

ただし、これでは現在の所在地と連絡先も、予告なしに変更される可能性があります。

とっさに連絡を取ってみると、無視されたり夜逃げされるかもしれません。

 

LINE上でもブロックされて音信不通になった場合、以下のような目に遭わされることになります。

  • 実際に所在地へ行っても、運営実態が確認できない。
  • 郵便で内容証明を送っても、届かず戻ってきてしまう。
  • 本当の所在地と連絡先を突き止めることができず、泣き寝入りさせられる。

 

あの名前と同じ?!

 

LINE副業」の販売会社には、販売責任者「既存の著名人やキャラクターの名前」を名乗っているケースもありました。

販売責任者の名前だけでネット検索してみると、同姓同名の著名人やキャラクターの情報がトップに表示された場合、その会社は、実在しない架空の会社&人物かもしれません。

 

これは、Googleで検索した際に、副業の酷評が表示されにくくするための手法です。

怪しいビジネスをしている業者たちは、この手法を当たり前のように使います。

必ず「既存の著名人やキャラクターの名前」を名乗ってから副業を販売し、その副業の酷評が、業者ではなく著名人やキャラクターに行くようにする、という感じです。

 

わざわざそのようなことをするのは、おそらく、お客さんに言えない裏事情があるためだと考えられます。

 

セールスページが複数ある

 

当ブログで検証してきた「LINE副業」には、同案件のセールスページが複数あるケースもありました。

全てのセールスページに共通している点は、以下の通りです。

  • 「具体的なビジネスモデルの詳細」「参加者の稼げた実績」が一切書かれていない。
  • ページ最下部にある「特定商取引法に基づく表記」「プライバシーポリシー」の文字を押すと、どちらも同じレイアウトで同じ情報が書かれたページに移行する。

 

どういった理由で、セールスページを複数も作成しているのでしょうか?

それは・・・「検索逃れ」なのです。

 

例えば、ある副業が本当に稼げるのかどうかを検索したとします。

「稼げなかった」「騙された」「損させられた」という酷評ばかり出てきたら、参加しませんよね?

このように、1つのタイトルが稼げない副業だと判明した場合でも、別のセールスページを使って、同じ副業を販売できる仕組みになっているのです。

 

あなたが参加しようとしている副業が、このケースだった場合、一度疑ってみた方が良いでしょう。

 

特商法の共通点

 

当ブログで検証してきた「 LINE副業 」の特商法ページには、以下のような共通点があります。

  • 特商法の表記が不十分orなし
  • 必ず稼げるという保証はない
  • 返金保証とあるが返金できない

 

例えば、セールスページには「絶対に〇〇万円稼げる」「稼げなかったら全額返金する」と書かれていたとします。

ただし、特商法ページや利用規約ページ内の「表現および商品に関する注意書き」と「返金・返品について」の項目には、以下のようなことが書かれているケースが多いのです。

 

  • この商品に示された再現性(稼げる金額)には個人差があるため、必ずしも利益と効果を保証したものではありません。
  • いかなる理由があっても、購入後の返金&返品は受け付けていません。

 

この場合、実際には、セールスページに書かれてある内容ではなく、特商法ページ利用規約に書かれてある内容が法律上優先されます。

特商法ページを見る際は、以下の項目が全て記載されているかどうかを、確認する必要があります。

  • 販売会社名
  • 代表者名
  • 所在地
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 表現および商品に関する注意書き

 

1つでも抜けがあったり、表記そのものがなかった場合は、特商法違反に該当するため、疑ってかかるべきです。

 

個人情報について

 

特商法ページプライバシーポリシー内の「個人情報に関する取り扱い」の項目に、以下のような表記があった場合、注意が必要です。

 

弊社は、お客さんの個人情報を、第三者へ提供する。

ただし、お客さんから「個人情報を第三者へ提供しないでください」と要請があった場合、提供を停止する。

 

この時点で、お客さんの個人情報が厳重に管理されていない可能性があり、セキュリティーも安全とは言えないでしょう。

一度登録したら、個人情報が知らない業者へ流出し、迷惑メールがたくさん届いたり、個人情報を悪用されるかもしれません!

 

宣伝方法の共通点

 

〇〇サイトでも宣伝?!

 

当ブログで検証してきた「 LINE副業 」の宣伝手段には、セールスページのみならず、ステマサイトもありました。

ステマサイトに共通している点は以下の通りです。

  • 「稼げない」「怪しい」「詐欺」などのタイトルで検証・レビューサイトを装う
  • 内容では、「LINE副業」を大絶賛しており、サイト訪問者にも勧めている
  • 「特商法が完璧に記載されているから詐欺ではない」とも書かれている
  • 「具体的なビジネスモデルの詳細」「参加者の稼げた実績」が一切書かれていない
  • セールスページへ誘導するURLリンクが貼られている

 

セールスページやステマサイトに「具体的なビジネスモデルの詳細」「参加者の稼げた実績」が一切書かれていない副業は、疑ってみた方が良いです。

本当に稼げる副業なら、セールスページにビジネスモデルの詳細や実績を堂々と記載しますよね?

それを隠すのには、以下のような裏事情があるためだと考えられます。

  • 昔は稼げたかもしれないが、現在は飽和しきっており稼ぎにくい手法
  • 机上の空論で「稼げる」と言い、実際には実践しない
  • 違法スレスレの怪しいビジネス

 

これでは、たとえ特商法が完璧に記載されていたとしても、安全だとは思えません。

 

良い評判は全て〇〇?!

 

当ブログで検証した「ビジネスガイドマスター」という案件のステマサイトには、以下のような評判が書かれていました。

 

ビジネスガイドマスターは詐欺ではなかったです。

おかげさまで本当に〇〇万円稼げました!

サポート対応が充実しており、初心者にもオススメです。

 

これらと全く同じ文章の良い評判が、当ブログで検証した「MONE UP」という案件のステマサイトにも、そのまま掲載されていたようです。

そもそも、「ビジネスガイドマスター」と「MONE UP」の副業で本当に稼げた人が続出しているのなら、誰もが同じ文章の良い評判を書き込みませんよね?

なぜなら、「稼げた金額」や「1日あたりの作業時間」には、個人差が出てくるはずです。

 

つまり、「ビジネスガイドマスター」と「MONE UP」のステマサイトに書かれた良い評判は、全てコピペ=ウソということになります。

「ビジネスガイドマスター」と「MONE UP」が、裏で繋がっているのか、同じアフィリエイターによって宣伝されていたのかは、不明です。

いずれにしても、大半のステマサイトは内容と書式が酷似しており、セールスページへの誘導リンクも貼られています。

 

発見した際は、一歩冷めた目で警戒しながら読んでみましょう。

やがて、どれがウソ=ステマ=コピペの評判であるかが判別できるようになります。

事実、「MONE UP」の本当の評判は、ステマサイトほど良くありませんでした。

↓↓↓↓↓

MONEUP (株式会社ANDYOU)は稼げない謎ビジネスだった?!」

 

質問サイトも危ない?!

 

Yahoo!知恵袋においても、以下のような手法で自作自演の宣伝行為=ステマが行われていました。

 

「この副業は詐欺なのか?それとも安全か?」という質問をUPする。

以下のような回答文とステマサイトのURLリンクをUPする。

「分かりやすく説明しているサイトがありました!安全な副業だと思います。」

ソース元:Yahoo!知恵袋様よりこの副業は安全なのか?

 

中には、質問がUPされてから、わずか5分以内に回答がUPされるというケースもありました。

普通であれば、質問をUPしてから回答を得られるまでには、とてつもない時間がかかります。

真面目な方やお人好しな方は、惑わされないよう、厳重な注意が必要ですね。

 

LINE副業 の実態を暴露!

 

無料ではない!?

 

セールスページやステマサイトからLINEに登録すると、「募集ページ」を見るように誘導されます。

その募集ページには、以下のようなことが書かれてあります。

 

定価〇万円のところ、特別価格の数千円にてご提供します!

1ヶ月実践しても稼げなかったら、全額返金します!

 

しかし、特商法ページや利用規約に「一度購入したら返金&返品できない」と書かれていた場合、実際には返金されない可能性が高いです。

払わされる段階になっても、まだビジネスモデルの詳細を教えてもらえないケースもあります。

販売会社曰く「ビジネススパイ防止のため」だとか()

 

さらに費用がかかる?!

 

数千円程度の初期費用は、ただのマニュアル代です。

初期費用を払った段階では、まだ副業を始めることができません。

マニュアルを購入すると、運営側から電話が来て、以下のようなことを言われる可能性もあります。

 

無料プランもありますが、サポートが一切ないため、稼げません。

数十万円払ってくれたら、毎月100万円稼げます。

消費者金融で借りて払っている方もいますよ。

お客さんのためにプランを用意したので、キャンセル代が〇万円かかってきます。

 

当ブログで検証してきた LINE副業 の大半は、「高圧的かつ強引な電話勧誘を受けた」という口コミ・評判で溢れています。

事実、以下のような勧誘方法が、流行しているのです!

 

最初は1万円以下の低額でマニュアルを購入させる

電話勧誘で「絶対に稼げる」「返金できる」と言って安心させる

購入者の預金残高&カード限度額ギリギリに近い「高額バックエンド料金」を払わせる

お金がない購入者には、消費者金融で借り入れをさせる

払うのを拒否した購入者には「キャンセル料金」を請求する

 

過去の案件でも、実際に起きていました。

詳しく知りたい方は、以下の記事へどうぞ。

↓↓↓↓↓

「ネットワーク (嶋村柾生)の副業はアプリ入手だけで稼げない?!」

LIBERTY (woods株式会社)のお金の稼ぎ方は不自由だった?!」

「ザ・ジュエリー (角田由花)はゲーム感覚で稼げないビジネス?!」

 

なぜ〇〇勧誘なのか?!

 

当ブログで検証済みの「エブリデイ」という案件には、以下のような評判があります。

 

「私は聴覚障がいを持っており、電話ができません。そのため、LINEメールでのやり取りを希望します。大変お手数ですが、よろしくお願いいたします。」

というメッセージを送ったら、何一つ返答が来なかった。詐欺かもしれないと疑っている。

ある匿名掲示板より

 

メッセージを送った方からすると、最初からビジネス自体が存在しなかったのか、障がいを持っているから対象外にされたのか、ですよね。

なぜ聴覚障がいを持っている方が返答をもらえなかったのか?!

おそらく、以下のような裏事情があるためだと思われます。

 

運営側がLINEやメールの文章で「高額バックエンド」へ勧誘すると、マニュアル購入者側に分かりやすい記録=証拠が残ります。

これでは訴えられた際、運営側は敗訴し、返金せざるを得なくなります。

そのようなリスクを避けるため、記録=証拠が残りにくい「電話」という手段だけで勧誘しているのでしょう。

 

しかし、電話勧誘を受けた購入者たちは、そう簡単に忘れはしません!

たくさんの酷評が物語っています。

 

成功者は全員〇〇?!

 

LINE副業 のグループLINEに参加すると、以下のようなメッセージがたくさん送られてきます。

 

この副業だけで、本当に〇〇万円を稼ぐことができました☆

(収益画面のスクショも貼りながら)

 

これらは全て「成功者を装ったサクラ」の仕業です!

例えば、グループLINE30人いた場合、29人がサクラです。

新規登録者1を購入へ誘導させるために、29人のサクラたちが必死になって「稼げた」と書き込んでいるのです。

その割に、具体的なビジネスモデルの詳細は一切語られません。

また、以下のような現象も起こることがあるようです。

 

自分が送ったメッセージの「既読」の横にある「既読した人数の数字」が表示されない。

おそらく、1人の人間がグループチャットを装って自演しているのでは?

ソース元:ある副業のグループチャットについての質問

 

普通であれば、3人以上が参加しているグループチャットで、「既読」の横にある数字が表示されないという現象は起こりません。

この書き込みが事実だとしたら、マジシャン以上に奇怪なトリックですね?!()

 

LINE副業 にありがちなビジネスモデル

 

以下のビジネスモデルは全て、数千円の初期費用を払った後に、判明するものでした。

  • アフィリエイト
  • FX自動売買
  • せどり、転売
  • バズビデオへの動画投稿

 

どれも全て、詐欺でも違法でもありませんし、法律に則った正しいやり方で行えば、稼ぐことができます。

ただし、初心者にとっては非常に稼ぎにくく損しやすいものです。

 

この時点で、セールスページ上の「誰でも簡単に〇〇万円稼げる」というフレーズは、誇大広告・不実の告知に該当する可能性が高いですね。

ソース元:内閣府ウェブサイト様より虚偽・誇大広告について(PDFファイル)

 

事実、上記のビジネスモデルで100万円以上稼げた人より、100円以下しか稼げなかった人の方が圧倒的に多いです。

グループLINE上の「稼げた」というコメント収益画面のスクショに、うまく乗せられないよう、十分注意してください!

 

まとめ

 

今回は、当ブログで検証してきた「 LINE副業 の実態」についてを解説してみましたが、いかがでしたか?

要点をまとめてみましょう。

  • 販売会社が非常に怪しい
  • 検索逃れで著名人の名前を無断使用
  • 複数のセールスページで宣伝
  • 音信不通になる可能性大
  • 個人情報が流出する恐れあり
  • ステマサイトが多すぎる
  • 数千円の初期費用
  • 電話勧誘で〇〇万円を請求
  • グループLINEサクラばかり
  • 返金&サポート保証は期待できない
  • 稼ぎにくいビジネスモデル
  • 騙された被害者がたくさんいる

 

LINE副業のセールスページやステマサイトには、「初期費用0円=無料」「毎月〇〇万円稼げる」という魅力的なフレーズが書かれています。

ところが、検証してみると「無料ではなく有料で、稼ぎにくい仕事をやらされる」という実態が判明しました。

 

LINE上でやりとりしながら実践する副業そのものが、全て怪しいとまでは断言できません。

中には、ごく少数ですが、本当に稼げる安全な副業も存在します。

 

どうしたらどれに出会えるのか??

「今から参加しようとしている副業が詐欺か?安全か?」を調べたり、信頼できる方に相談してみましょう。

 

「今すぐ100万円を稼ぎたい」と急ぐ気持ちは分かりますが、このひと手間で、ベストな答えを掴めること間違いなしです☆

ネットビジネス・副業初心者の皆様が、一期一会の素晴らしいチャンスをGetできますように☆

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

あるみでした☆

 

無料相談コーナー

 

あるみへのお問い合わせはこちら

 

 

 

ホーム » ネットビジネス・副業 » LINE副業 は全て怪しいのか?衝撃的実態を分かりやすく解説!